渋谷駅に『渋谷ヒカリエ』が誕生して、東横線が地下化されたことが記憶に新しいですが、渋谷駅は今、2027年に向けて100年に1度と言われる都市再開発が行われています。
どのように渋谷駅は変わっていくのでしょうか。
私達に一番大きな影響を与えると思われるのが、JR山手線のホームの改良です。現在は山手線内回りと外回りのホームが別ですが、これが1つのホームにまとまります。そして、約350mも離れていて乗り換えに10分近い時間を要した埼京線のホームも山手線のすぐ隣になります。
渋谷駅内には、道玄坂から宮益坂まで繋がる通路が誕生。さらに、渋谷駅から代官山駅までをつなぐ遊歩道も整備されます。
成田空港、羽田空港の発着場となるバスターミナルも駅前に誕生します。空港へのアクセスが格段に便利になることで今以上に国際観光の拠点になっていくでしょう。
都市の再開発において渋谷駅周辺は、大きく5つに分けられます。渋谷駅街地区、道玄坂一丁目駅前地区、渋谷駅桜丘口地区、渋谷駅南街地区、すでに完成している渋谷ヒカリエ。それぞれの地区に大型の新商業施設が誕生予定です。
2027年に向けどんどん進化していく渋谷。新しく生まれ変わる時が楽しみですね。

渋谷駅情報

住所:東京都渋谷区道玄坂一丁目及び同二丁目

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.