隅田公園は隅田川の両サイドとなる墨田区・台東区にまたがる公園です。
墨田区側には現在、首都高速道路の高架橋が隅田川に沿って走っているため、公園と隅田川の間に道路が横たわる格好になっていますが、そもそも隅田公園は東京初、いや日本初のウォーターフロント型の公園でした。

本来は隅田川の景観と一体化されていた公園でしたが、先に書きましたように墨田区側では現在、高速道路によって分断されています。
隅田川を隔てた対岸の台東区側は、いわゆるカミソリ堤防によって川と公園が隔てられており、どちらもウォーターフロント型公園を名乗るには川との親しみが持ちにくかったりします。
それでも、カミソリ堤防の外側、つまり川側には近年親水テラスが整備され、堤防から川側に降りることは可能です。


テラスは満潮時、大きな船が通ると波をかぶって浸水したりします。その意味ではまさに親水(浸水)テラスといえるかもしれません。
隅田公園に来たら、一度このテラスに降りられることをお勧めします。今の隅田公園で唯一ウォーターフロントを感じられる場所だからです。

公園情報

所在地: 〒131-0033 東京都墨田区向島1丁目
電話: 03-5608-6951

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.