日に日に空気もひんやりとし、冬本番まであとわずか。
エアコンの使用頻度が増し、煮込み料理が恋しくなり、あつーい湯舟に浸かりたくなりますよね・・
光熱費の高額請求にまでも身震いしないために、今から光熱費節約術を身につけましょう♪

冬場も役立つ“扇風機”!?

ご存じの通り、暖められた空気は軽いため天井付近に滞りがち。
なんと!床との温度差が5~10度にもなることも!!
この空気を扇風機で対流させることで、部屋全体の温度を均等化できるのです☆
扇風機をエアコンから離れた場所に置き、天井に向けて回し空気を満遍なく循環させましょう。
家庭の消費電力の1/4を占めるエアコンは、設定温度1度で電気代が約10%違うと言われています。扇風機の電気代はエアコンに比べほんのわずかです。
エアコンの温度設定を下げ扇風機を併用することで、電気代の節約が可能になるのです♪

画像: 冬場も役立つ“扇風機”!?

“追い炊き機能”は最終手段!

一度沸かしたお風呂は、フタをしないでおくと2時間で約1.5℃下がります。
そして、追い焚きをするとその度に約4.2円のガス代がかかるのです!
これをやめれば年に約1,533円の節約が可能に☆
出来る限り家族が続けて入浴し、追い炊きをしないよう心掛けましょう!

画像: “追い炊き機能”は最終手段!

冷え性改善にも役立つ“湯たんぽ”♡

近年、エコへの関心の高まりで湯たんぽへの注目度が急上昇!
エアコンや電気毛布に比べて光熱費の節約になることはもちろんですが、湯たんぽで太ももや腹部を暖め全身の血流を活発にすることで血行が促進され、冷え性への効果も認められるようです。
大きさやデザインも豊富なため、アナタ好みの湯たんぽがきっと見つかるはず♪

画像: 冷え性改善にも役立つ“湯たんぽ”♡

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.