仲介手数料ゼロ物件は本当にお得なの?

最近の不動産賃貸物件のトレンドは『仲介手数料ゼロ』や『仲介手数料無料』といった初期費用のうちお客様が仲介業者に支払う手数料を無料にするといったポータルサイトや仲介業者のサイトが増えていますよね。
お部屋を借りる時には敷金や礼金、火災保険料、鍵交換代金等々、初期にかかる費用って多いですよね。そういった中でさらに仲介業者に仲介手数料として家賃の1ヶ月分を払うなんて信じられない!と思う方も沢山いると思います。
そういった方のニーズに合わせた形で現在、不動産のインターネットポータルサイトや不動産仲介業者のHPでは『仲介手数料ゼロ』のみを扱うサイトが増えています。
そういったサイトでは『仲介業者が貰い過ぎていた仲介手数料を無料にし、貸主様(大家さん)からの広告料で成立している』、『市場に出ている物件の9割を紹介可能』等とてもお部屋を借りる方にとっては嬉しい、夢のような内容が満載ですね。私もそういう物件を借りたいです。
でも、美味しい話には裏があるのです。貸主様から広告料が出るから成立するというところですが、市場に出ている9割も貸主様から広告料が出る訳ではありません。広告料の出ない物件は本当に沢山あるのです。なので、そういう業者様やサイトに掲載されていない物件が世の中にはもっと沢山あるんです。

画像: 仲介手数料ゼロ物件は本当にお得なの?

その物件、『礼金』払っていませんか?

上記で書いたように世の中の仲介手数料ゼロ物件は仲介業者が契約者(借主様)から仲介手数料を取らず、貸主様からの広告料で成り立っています。でも、その『広告料』は一体どこから出てくるのでしょう?貸主様は勿論自分の所有する物件を紹介してくれた仲介業者はありがたいですが。だからといって物件を斡旋しただけの仲介業者に広告料は支払わないですよね。
これは借主様も貸主様も同じなんです。
では、貸主様からの広告料はどこから捻出されるのでしょうか?『仲介手数料ゼロ物件』サイトに掲載されている大半の物件には敷金と共に礼金がかかっていませんか?
敷金は退去時の原状回復費用等に充当されたりするいわゆる預入金になりますが、礼金は文字通り契約者(借主)様から貸主様(大家さん)にお礼として支払うお金をいいます。
そして、その礼金こそがここで書いている貸主様(大家さん)から仲介業者に支払われる広告料に形を変えているだけなのです。
という事は誰が仲介業者の収入を支えているかはお分かりですね。
勿論、敷金礼金ゼロゼロ物件の中にも貸主様から広告料を出して貰える物件もありますが全部が全部出して貰える訳ではないですし、出ても広告料が安い物件が多いため、仲介業者も仕事としてお部屋を紹介・斡旋する以上広告料の高い物件をお客様に紹介するのは営業なので当たり前ですよね。

そもそも仲介手数料1ヶ月は高いの⁉︎

仲介手数料は1ヶ月分をお客様(契約者)が仲介業者に支払うことが通常になっていて、東京23区でワンルーム・1Kのお部屋の相場が家賃7万円位だとすれば7万円も仲介業者に支払うのは高いと感じる方は多いと思います。
仲介業者の仕事はお店でパソコンや電話で空室物件を探しお客様にご紹介します。その紹介された物件の中からお客様は気に入った物件を選び、大体2〜3物件を仲介業者と一緒に車で現地に内覧に行き、その中から一番気に入ったお部屋を契約する事になるでしょう。勿論、何度も店舗に通い、本当に自分が満足いくお部屋が見つけるまで探し続けるお客様もいるとは思いますが、大抵の方が2回位の来店で契約すると考えると2回の来店と6物件程の内覧で契約をして仲介手数料として家賃の1ヶ月分、例えば7万円は高いのかもしれません。
でも、仮にこれが地方都市でファミリータイプの物件、例えば3LDK・家賃3.5万円のお部屋を同じく2回の来店、そして6物件程の内覧で契約した場合、仲介手数料3.5万円は高いでしょうか?
これって感覚の問題ですが決して高い手数料ではないと私は思います。
東京圏でワンルーム・1Kで7万円の手数料は高くて地方都市でファミリータイプ3.5万円なら妥当という考え方は一理あるにしても、東京圏では店舗を構えているテナント代も地方に比べれば高いですし、例えばご案内で車を使用してご案内に行けば、月極駐車場代もかかりますし、ご案内先でのコインパーキング代だってかかります。コインパーキングも高いところであれば10分200円のところや30分500円を超えるパーキングもあります。
新宿や渋谷、六本木などのターミナル駅では地方都市のファミリータイプ3LDKの家賃3.5万円よりも月極駐車場の方が高いなんて事はザラにあります。そういった経費を含めて考えると決して家賃の1ヶ月分の仲介手数料は高くないということなんです。

自分にあったお部屋探しを納得のいくまで。

お客様には本当に自分が望む最高のお部屋をよく見極めて探して頂きたいと思います。
この記事を読んで「でもやっぱり仲介手数料は払いたくない」と思うのもアリだと思いますし「敷金礼金ゼロゼロで安い物件に住みたい。そのためには仲介手数料払ってもいいかな」と思うのも、勿論アリだと思います。
要は自分にあったお部屋探しをする事が一番だと思います。
これからの季節、沢山の方がお部屋を探す時期になります。後悔しないお部屋探しをしてくださいね!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.