子供の泣き声、走り回る足音、おもちゃを投げたりと、小さな子供を抱えるご家庭では物件探しも頭を悩ませますよね。
騒音トラブル回避のため、乳幼児入居不可の物件も少なくありません。
家族みんなが安心して暮らせる住まい探し、そして周りへの配慮も考えた物件探しのコツをご紹介いたします♪

画像: パパママの味方♡小さな子供がいるファミリー向け物件の探し方・トラブル回避術を伝授!!!

まずはその道のプロに相談を

家族向け物件へのお引越し。
当然のことながら第一条件は“子供と同居が可能なこと”ですよね。
まずは基本的な予算、お部屋の広さ、住みたいエリア等を大まかに決めた早い段階で、不動産屋へ相談に行くことをお勧めします。

インターネットが普及している現代、住みたい物件の絞り込みも簡単にできるようになりました。
が!いざ、「ここに住みたい♪不動産屋さ~ん♪」と店舗へ出向いたところで、実は子供OKのお部屋は角部屋のみ・・・壁が薄いからお勧め出来ない・・・等々、問題発生→振り出しへ・・・といったパターンも少なくないのです。
不動産屋の営業マンは“その道のプロ”!!日々さまざまな物件を見て、多くのお客様にお部屋を紹介しています。
まずは気軽に相談してみましょう!

オススメ3箇条

とは言っても結局どんな物件が良いんだよー!・・・はい!これからキチンとお答えします!(笑)

ファミリー向けの間取りであること

予算の問題や、シングルマザーのご家庭等、様々な事情があるとは思いますが、まずはファミリー向けの間取りをお勧めします。
広さのメリットの他に、同じような世帯が多く暮らしているため、トラブルの回避にも繋がります。
やはり単身向けの間取りですと、サラリーマンや学生といった生活リズムの異なる人たちが多いため、子供が騒がしくした際に理解が得られないこともあるのです。

できれば1階・角部屋

2階以上となると、やはり気になるのが下階住民への足音の配慮。
とはいうものの、小さな子供に“走るな!騒ぐな!”を強いるのはなかなか難しいところ・・・。
角部屋も同様ですね。お隣さんが一部屋少ない=一部屋トラブル回避☆

近所に子供が多い・学校が近い

そう、日中の騒がしさカモフラージュです。(笑)
それだけではなく、子供が多い地区には子育てが相談できる児童館やコミュニティーセンター、また同じ年頃の子を持つお母さんたちが公園に集まったりと、子供だけでなく親にとっても良い環境と言えます。

ママ目線で言えること

転落防止柵

低層階の入居がベストではありますが、2階以上への入居となる際は、子供が誤って転落しないための策がとられているか確認が必須です。

近所に薬局

子供が小さいうちはオムツやミルクなど、必要となる消耗品が多くあります。
ストック切れに即対応できるよう、ドラッグストアが近くにあると安心ですね♪

親身に相談できる営業マン

そして最後に・・・
お部屋探しはアンビションルームピア♪

パパママと同じ目線で親身になってお部屋探しをお手伝い致します!
フリーダイヤル【0120-964-572】 メール【info@roompia.jp】

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.