お部屋探しにおける『理想』と『現実』

都内23区中で住んでみたい区は墨田区です。もちろん新宿区に住んでるんだ!なんて友達に行ったらカッコイイですが現実問題 家賃が高くて私には無理です。
家賃の事を考えると下町方面の方が所謂山手エリアより安いのかなと思います。
イメージとして、台東区は上野や浅草等人が集まる場所が多くあるので下町でも高い気がします。
そして、葛飾区や足立区はちょっと交通アクセスが通う会社や学校の事を考えると避けたい。何度か乗り換えをしないといけないのはちょっと私は苦手です。
と、考えた時墨田区がベストかなと思います。東京スカイツリー周辺は【ソラマチ】等もあり、ちょっとおしゃれな雰囲気がありますが、スカイツリーから少し歩いていくと下町情緒溢れていて、窓を開けたらスカイツリーが見える!なんて物件たくさんあると思うので海外の友人たちにも自慢できるかなと思います。浅草までも近いですし。
だから私が23区内で暮らしてみたい区は墨田区です。
墨田区の中心は東京都の7大副都心の一つ、『錦糸町亀戸副都心』の【錦糸町】や、浅草にも近い【本所吾妻橋】、スカイツリーの近くの【曳舟】、【押上】等があり、例えば錦糸町であればJR総武線と東居メトロ半蔵門線が利用でき、東京駅・新宿駅そして、渋谷駅にも1本で通える好立地ですし、本所吾妻橋は都営浅草線で日本橋・東銀座・新橋といったエリアに1本で行けます。浅草で乗り換えたり、歩いて浅草に行けば銀座線で上野・銀座・渋谷方面にも1本で行けるなど、交通のアクセスもとても便利なエリアです。
だから、私は墨田区に住んでみたいです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.